« モチベーション3.0 | トップページ | サイパン旅行の思い出1 »

2012年9月 6日 (木)

ダニエルピンクの動機付け理論がおもしろい!

最近ダニエルピンクのTEDを見つけ、
iPadのいれてよく見ています。

以下にダニエルピンクの動機付け論について
書いてみたいと思います。


まず、ダニエルピンクは、
これまでの動機付けはモチベーション2・0と言っています。
モチベーション2・0はいわゆるアメとムチで、
金銭的な報酬を成果に応じて渡すことによる動機付けです。

ダニエルピンクのいう新しい動機付けはモチベーション3・0と言います。
モチベーション3・0は、個人の「やる気」に基づく動機付けです。

モチベーション2・0は答えが決まっている、単純な課題に取り組む
場合には効果があるそうです。
一方モチベーション3・0は答えの決まっていない、
複雑な課題に取り組む場合に有効だと立証されているそうです。


現代、私たちの抱える課題はモチベーション3・0で解決されるものであると思われます。

すなわち、モチベーション2・0で解決する課題は、
グローバル化に伴い人件費が安い国に任せることができるのです。
一方、私たちが取り組むべきは、答えの決まっていない複雑な問題なのだと思われます。


ここで自分のモチベーション3・0はなんでしょうか。
どんなことであれば、お金とか、上司による強制とかではなく、
取り組みたいでしょうか。

それを見つけ、取り組んでいくことが、
これからの世界で生きる自分たちに必要なことなのだと思います。

|

« モチベーション3.0 | トップページ | サイパン旅行の思い出1 »

ブックレビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1629217/46977275

この記事へのトラックバック一覧です: ダニエルピンクの動機付け理論がおもしろい!:

« モチベーション3.0 | トップページ | サイパン旅行の思い出1 »