« これは読んでみよう!|経営研究調査会研究報告第55号「統合報告の国際事例研究」 | トップページ | 英語でなんという?|電車で席を譲る »

2015年5月21日 (木)

David Lettermanの引退!

Facabookのタイムラインで

"David Letterman"という人名をよく見て気になってたら

Newsyで取り上げられてました。

Why David Letterman's Last Show Didn't Feel Like A Goodbye

David Lettermanが長く続けた番組を引退したのですね。

タモリの笑っていいとも引退みたいな感じでしょうか?


このNewsyで気になった表現をあげておきますー。

■ Case in point

前で言ったことの好例を示すのに使われる表現。
ここでは、最後の"Late show"だけど、
お別れという感じはなかったということを示すのに、
Davidのコメントを引用するために使われてます。

■ he can't wait to see how his replacement,
Stephen Colbert, will fare in his shoes. 

Davidの最後のコメント。
"fare in his shoes"ってところ。

fareはうまくやる。

in one's shoesは~の立場で。

Davidは後任がいかにうまく彼の立場でこの番組を
引き継いでいくか楽しみにしてるですね。

使い方は難しいけど、一度は使ってみたいです。

wondering how I might fare if I were in their shoes.

私が彼らの状況であればどうしてうまく切り抜けることができるかしら。

のようなね。

|

« これは読んでみよう!|経営研究調査会研究報告第55号「統合報告の国際事例研究」 | トップページ | 英語でなんという?|電車で席を譲る »

英語の勉強」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1629217/60086828

この記事へのトラックバック一覧です: David Lettermanの引退!:

« これは読んでみよう!|経営研究調査会研究報告第55号「統合報告の国際事例研究」 | トップページ | 英語でなんという?|電車で席を譲る »