« 2017年3月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年4月

2017年4月10日 (月)

「10年後、後悔しないための自分の道の選び方」

「10年後、後悔しないための自分の道の選び方」
買いました!

前回、登っている「はしご」の話を書き、
改めて、自分が登っている「はしご」について考えてたら、
この本が目につき、衝動買いしました。

⚫目的
これから自分はどの「はしご」を登ればいいのか。
登ろうとしている、登ることになるかもしれない「はしご」が自分の登りたい「はしご」じゃないかも、こんなとき「はしご」を変えたほうがいいのか!?
なんかヒントがほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目標達成術|まずは、自分の目標を考える。

Pez86_kamigakourintenshinohashigo_t


4月にはいって10日も過ぎ、1年の1/4が過ぎ去り、

「あれ!?今年の目標ってなんだっけ?
いま、その目標の1/4に到達してるか!?」

と思い、あせりました。

もちろん目標すら認識していないので、達成なんかしてるわけないのですが。

そこで、このタイミングで改めて、自分の今年の目標を振り返ることにしました。

今回は目標を立てることの意味を考えたいと思います。

■目標を立てることの意味

目標については、様々な議論があるように感じます。

5年、10年、ひいては人生の目標なんて話になると、

「そんな目標はもてない、なんでも目標、目的というのはプレッシャーに感じる」

ってこともあるようです。

私が考えたのは、「7つの習慣」の特に好きな以下のくだりです。

「多くの人たちは、梯子に登り始めて、それが掛け違いだったことに気づく。

つまり、どこに梯子をかけるのかというのが私たちの中のリーダーシップであり、

その梯子を能率・効率よく登っていくのがマネジメントの役割である」

https://7habits.jp/genki/mag_07.htmlから引用

これは、組織にも個人にも当てはまるんですよね。

目標、目的を考えてないのは、梯子がどこにかかっているか見失い、

人生のリーダーシップが取れていないってことなんだと思います。

たとえ、仮にでもいいから、5年後、10年後、人生の目的を考えてみて、

今、駆け上がっている梯子は登りたい梯子なのかよく見てみよう。

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 6日 (木)

セルフコントロールの技術

1491437939792.jpg
「グチは紙にまとめてしまおう」という話です。

⚫発端

ここ最近で仕事上で、不満に思うことや決してポジティブでは、いられないことが続いたりしました。

何日かおきにそんな気分になりました。

私は、日々考えたことなどノートにまとめているのですが、
そのノートを見返すと定期的にほぼ同じ内容の「グチ」が繰り返されていました。

そこで思い付いたのが

「グチを紙にまとめてしまおう」

でした。

⚫やり方

1、紙を用意する。

2、現在抱えている「グチ」を出尽くすまで書く。ここで、人に見られるかもとか気にして手加減しないで、ありのまま書きましょう。

3、「グチ」を書いた紙を持ち歩く。

4、日常で「グチ」の発生を感じたら、「グチ」を書いた紙を見直す。
そして、すでにそこに出ている「グチ」だったら、日付を書いておく。
新しいのであれば、日付と共に追加する。

(できたら、ここでなぜ新しい「グチ」が出たのか分析できるとよいですね。)

⚫効用

これをすると、同じ「グチ」で悩んだり、イライラすることが、減りました。

グチで苛まれることが減れば、別のことが考えられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

まずは家計簿、プラス夢ノート|「年収200万円からの貯金生活」

現状、お金の使い方、これからのお金に関する見通しを持つにはどうすればよいのだろうと思い、この本を手に取りました。

この本から学んだことは、

・家計簿をつける
・夢ノートをつける
・支出の色分けをする

でした。

新しかったのは、記録をつけることと「夢ノート」。

これまで家計簿は淡々とつけるだけでなんか面白みに欠けるものであったけれども、
「夢ノート」を一緒につけることで、家計簿をつけている意味が見出せるのだと。


そして、最近自分が取り組んでいる、「タスクリスト管理」とリンクして 考えました。

やっぱり、以前どこかで大橋さんか佐々木さんがいっていた、

「活動」と「お金」がリンクするのではないかというのを実践しているんだと感じた。


すなわち、家計簿をつけることは「タスクシュート」でいう、日々の記録。
まぁいうまでもないことで。


夢ノート、支出の色分けはレビュー、セクションといったような。


現状把握

法則性を見出す

補正する

より良い生活

というサイクルを回してくのが基本ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年6月 »