« スピードハック研究会 | トップページ | ランチ巡り001 »

2017年6月28日 (水)

スピードハック研究会第26期第4回動画レクチャー

大切な時間帯と、そうでない時間帯の使い分けについてでした。

集中しにくい作業と、集中しやすい作業という対比もあり、学ぶポイントが多かったです。

大切な時間帯は、難しい仕事を進めたい、でも、それに集中しようとしすぎると、緊張が高まり、うまくいかない。確かにこんな経験はある。

反対に難しくない、ルーチンは、いつやっても、淡々とこなせて、集中できてしまう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1、難しい仕事は、大切な時間帯にやる。
でも、脱線に備え、プランB、Cを用意する。

分散的になってしまってもしょうがない。

2、簡単な仕事は、大切ではない時間帯にやる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これをもとに、改善事項としては、
午前中は、前日レビューをして、作業開始。
午後に月報の入力。

|

« スピードハック研究会 | トップページ | ランチ巡り001 »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1629217/70987844

この記事へのトラックバック一覧です: スピードハック研究会第26期第4回動画レクチャー:

« スピードハック研究会 | トップページ | ランチ巡り001 »