« 転換期 | トップページ

2017年8月 9日 (水)

挫折してもいいんだよなぁと思った話

よく何か、目標とか、やりたいこととか取り組んでいると、挫折したりして、やめてしまうことってあると思います。

これって、一般的には、あんまり、よくないことのように思われていますが、

最近、本を読んだりしてて、気がついたのは、
必ずしも、挫折は悪いことじゃないと感じます。

その本は「スイッチ!」でして、
そこにかかれていることは、

「意志の力は有限な資源」

ということ。


よく挫折っていうのは、ダイエットとか、これまでの生活を変えようとして、失敗することをいいます。

で、この挫折はなにかと考えると、
「意志」という資源をダイエットに対して使わなくなることとか、使えなくなること。

すなわち、「意志」という、有限な資源がどこかに奪われて、ダイエットに回せなくなったってことなんですよね。


そう考えると、この挫折というのは、
お金がないときに、欲しいものが買えないのと同じで、やりたい!けど、「意志」という資源がなくてできないんですよね。

だから、挫折は、
「意志」の資源配分がうまくいかない方法がわかっただけであって、
そのやりたい!とかやるべき!と思うことが、できない自分がダメなわけではないと思うのです。

|

« 転換期 | トップページ

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1629217/71374725

この記事へのトラックバック一覧です: 挫折してもいいんだよなぁと思った話:

« 転換期 | トップページ